Qblog・ネ・テ・ラ 。テ、ウ、ホ・ヨ・・ー、ホ・ネ・テ・ラ 。テQlep Web 。テ・リ・・ラ 。テ ・・ー・、・?/a>
2009-06-11 (木)
子供のアトピー肌の対処方法
アトピーの治療には病院から処方される薬以外でも、家庭でのアトピー肌への気をつける点がいろいろとあります。アトピー肌は皮膚が炎症している状態で痒みがでるので、なるべく皮膚を冷すことが大切になります。子供はどうしてもかゆいと指でかゆい箇所をかいしまうので、かくと炎症がさらに広がり余計にかゆくなるので、子供の場合はなるべく肌をかかせないよう様子をみることが大切です。
そして入浴後などもかゆくなるので、肌をかく前にすばやく衣服を着替えさせることも重要で、その他には寝ると体温が上昇して子供にかんしては中々寝付けず、つい肌をかいてしまいます。小さな子供はかゆくてぐずりだしてお母さんもストレスを一番感じてしまうと思うのですが、洋服のうえから体をさすってあげると意外にもかゆみが軽減されます。アトピー肌に直接ふれてさするのは、よくありませんが洋服のうえからであれば大丈夫です。

沿線や駅、地域、価格帯など、豊富な選択肢でご希望の暮らしがきっと見つかる!

by at 22:28
。。 。。

2009-04-13 (月)
アトピー肌のケアー
アトピーの肌は乾燥することで痒みがひどくなるとされています。
アトピー肌のケアーとして肌を保湿することが、痒みをひどくさせないためにも良いとされています。
保湿クリームは主に病院で処方してもらえますが、市販のアトピー用の保湿クリームはいろいろと良いものがでているので、一番肌に合うものを選ぶことが大切だと思います。
by at 01:55
。。 。。

2009-02-20 (金)
大人のアトピーの発症の原因とは?
アトピーというと小さな子供に多く発症する皮膚炎でもありますが、最近では大人になってからアトピーを発症することが多くなってきているみたいです。
大人のアトピーは乳幼児のアトピーと発症する原因はことなり、主に生活環境の変化などで発症することが多いとされています。
とくに不衛生な環境での生活をしていたりや精神的なストレスも大きくかかわっていると言われています。
by at 22:27
。。 。。

2009-02-09 (月)
赤ちゃんのアトピーの発症時期
アトピーの発症は乳幼児に多く発症する皮膚炎とされています。
3.4歳ぐらいまでに発症するケースが多く、アレルギーの中では気管支喘息とアトピーは乳幼児になるアレルギーとして知られています。親からの遺伝もあると言われているアトピーですが赤ちゃんの場合生後6ヶ月以降にアトピーかどうかの診断がされます。
また赤ちゃんの場合生後6ヶ月以前ではなかなか診断がくだせないみたいです。
by at 21:12
。。 。。

・ラ・・ユ・」。シ・?/th>
コヌカ皃ホオュサ?/th>
、ェオ、、ヒニ?、・・?ッ

チエケ?ホ・ヨ・・ャ。シ > 埼玉県、ホ・ヨ・・ャ。シ | ・ヨ・・ャ。シ・鬣?ュ・?ー