2009-02-08 (日)

次世代自動車として期待されるクリーンディーゼル          乗り物 /車・バイク

クリーンディーゼル車とは、ガソリン車並みに排気ガスがクリーンなディーゼル車のことです。2009年に導入が予定されている排ガス規制(ポスト新長期規制)に対応したクリーンディーゼル車の第一号として、日産からSUV「エクストレイル 20GT」が登場しましたた。

ディーゼル車はガソリン車に比べ、燃費が良く、高トルクを発揮できますが、排ガスが汚い、乗り心地が悪いことなどから、イメージが悪かったです。しかし、クリーンディーゼルの技術向上によって、環境性能や乗り心地の点で改善されてきました。

今回、エクストレイルのクリーンディーゼルが発表されたのは、そのようなクリーンディーゼル車のメリットを存分に活かせるクルマとして期待されています。新開発の2.0リッターM9Rディーゼルエンジンは、ガソリン3.5リッターV6エンジン並みの高出力と高トルクを発揮、エクストレイルのラインナップの中でも最も力強い走りを提供します。その一方で、燃費は15.2km/L(10・15モード)と低燃費。これは大きなアピールポイントだと思います。


沿線や駅、地域、価格帯など、豊富な選択肢でご希望の暮らしがきっと見つかる!

by at 23:11

フフヌ?、。「サイケヘ、ヒ、ハ、テ、ソ、ネサラ、、、ソハ?、マ・ッ・・テ・ッ good

2009-02-08 (日)

エクストレイルのクリーンディーゼル          乗り物 /車・バイク

クリーンディーゼル搭載のエクストレイル。肝心なパフォーマンス、乗り心地はどうなんでしょうか。まず、始動性はまったくガソリンと変わらず、始動後はディ−ゼルらしいカラカラというノイズがあるらしいですが、おなじみの運送用トラックの始動ノイズとクリーンディーゼルは別物で、騒音と振動の軽減も図られ、室内空間ではガソリン車並の静粛性を確保。
乗り心地は、サスペンションチューニングがうまく出来ており、セダンから乗り換えてもあまり違和感を感じないとのことです。
クリーンディーゼル搭載のエクストレイルの実力は、何といってもエンジン性能です。

動力性能は圧巻で、ガソリンのような伸びやかに加速するというのではなく、トルクでグイグイと引っ張っていくような感じ。しかも、6速100キロでエンジン回転は僅かに1,900回転に巡航するそうです。
走りや経済性を両立させた車だと思いますが、ネックは、ガソリン使用のエクストレイルよりも割高であること(クリーンディーゼル版エクストレイルの車両本体価格は299万9850円。ガソリン版エクストレイルは約199万〜約253万円)。もう一つは、ATの設定がないことですが、検討に値するいい車だと思います。



>>クリーンディーゼルの最新情報はこちら

by at 08:58

フフヌ?、。「サイケヘ、ヒ、ハ、テ、ソ、ネサラ、、、ソハ?、マ・ッ・・テ・ッ good

・ラ・・ユ・」。シ・?/h3>

・ォ・ニ・エ・?/h3>

、ェオ、、ヒニ?、・・?ッ

チエケ?ホ・ヨ・・ャ。シ > 埼玉県、ホ・ヨ・・ャ。シ | ・ヨ・・ャ。シ・鬣?ュ・?ー