2009-01-16 (金)

渋谷「ハピ猫」

最新版のレビューはこちらから。「新・間違いだらけの猫カフェ選び」をどうぞよろしく。


昨年9月終わりに訪れて以来、2回目の来店になります。レビューを書くために先日訪れました。


【場所】


画像


半蔵門線、渋谷駅1番出口より約80m。徒歩約1分。JR渋谷駅ハチ公口からは約350m、徒歩約3-5分の場所にある。雑居ビルの3階にある。大きな看板があるので迷うことはないだろう。付近にはいかがわしい店なども多いので、男性はあまりキョロキョロしないほうがいいかもしれない。


【入店まで】


画像


エレベータを3階で下り、階段を少し上がると店の入り口が見える。扉を開けると受付がある。簡単な説明を受け店内に入る。脱走防止柵などはないので、入るときは慎重に。


【入店から手洗い】


以下、写真撮影を止められたためupは控えます)


入店時間を書いた紙をケースに入れたものが入店証だ。荷物は受付に預ける。大きな布袋を渡されるので、その中に荷物を入れ人スタッフに渡そう。目の届きにくいところなので、貴重品の自己管理は必須だ。石鹸で手を洗い、消毒液で消毒する。


【店内の様子】


床はフローリング、窓側には畳が敷かれており個性的な作りだ。道玄坂に面して大きな窓があり、とても開放的。景色も良い。壁に猫のマスコットが飾られていたりして、女性らしく可愛らしい感じにまとめられている。


畳には2人用のちゃぶテーブルが3つほど。フロアには2人掛けのソファが3つ。テーブル席も2つほどある。


【猫じゃらしなど】


自由に使えるおもちゃはない。レンタルのみ。種類は紐と普通の猫じゃらしの2種類だけ。持ち込みも禁止されている。


【スタッフ】


猫スタッフは9匹(HPより)。小生が来店したときは子猫が3匹のみだった。人スタッフは2名ほどか。


【カフェ】


ソフトドリンク、ハーブティーなど数種類。プチ菓子と一緒に小さなトレーに乗せてサーブするところは好感を持った。


【その他】


夜間は照明を落としている。写真を撮るなら日中がいいだろう。




Value For Money 2


以前来店したとき「猫の写真は自由に撮っていいが、店内をパノラマ撮影するのはご遠慮下さい」と言われたことがある。その当時は猫カフェブログを開設するつもりもなかったし、「変なルールだな」くらいに思った。が、先日訪れたときは「猫以外の写真は撮らないでください」と言われ、思わず理由を聞いてしまった。


曰く「当店は窓からの眺めが売り」であり、客が「ネットであらかじめ写真を見てしまう」ことを避けるため、というような内容を告げられた。意味がよく分からなかったので2回聞いたのだが、それでも理解できなかった。きっと小生の理解力が貧困なせいだろう。じゃあ窓からの風景以外はいいのか、というとそういう訳でもないらしい。どうにも不可解だ。邪推するに、新しく猫カフェをオープンしようとしている輩に真似されたくない、といったところだと思うのだがどうだろう。


おもちゃは(新品であろうと)持ち込み禁止、というのも珍しい。その上、シンプルな猫じゃらしと紐しか置いておらず、その2種類も課金だというのだ。これについては経営方針だから仕方ない。イヤだったら他の店で遊べばいいだけの話だ。しかし、さらに不可解なのは(悔しいけど猫じゃらしを金を払って借りて)遊んでいたときの話だ。「フローリングなので柄の部分では遊ばないでください」との注意を受けた。これには正直ビックリした。


これまで30件以上の猫カフェに訪問して、初めて聞いた言葉だ。しかも「猫の目を突く恐れがありますから」ではなく「フローリングだから」という理由。店舗の契約上の関係なのだろうか、ともかく腑に落ちない説明だった。


他の客も数組いたが、猫じゃらしを借りることもなく、結果として猫スタッフが寄ってくることもなく、ソファに座って猫関連の雑誌をめくるだけという、なんともお寒い状況になっていた。かといって人スタッフが率先して遊ばせているわけでもない。遊び盛りの子猫たちと遊ばずして、どうしようというのだ。「ああ、これが話題の猫カフェか。大して面白くないな」と思われて損をするのは店であり、イコール猫たちにも損害が出る。立地条件はいい、店内のセンス、カフェ部門のセンスなどもいい線を行っていると思う。他店を研究して奮闘して欲しい。 


画像




確かに窓からの眺めは、なかなか良いです。猫たちと一緒に道玄坂を見下ろしたい方は↓をバシッと押してからどーぞ。




にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ



沿線や駅、地域、価格帯など、豊富な選択肢でご希望の暮らしがきっと見つかる!

by いなみっくす at 08:51 。テcomment (10) 。テTrackBack (1)

フフヌ?、。「サイケヘ、ヒ、ハ、テ、ソ、ネサラ、、、ソハ?、マ・ッ・・テ・ッgood

、ウ、ホオュサ?リ、ホ・ウ・皈?ネ

私も数件猫カフェ行っていますが、私の中では最悪の店でした。

by 同感 at 2009-01-19 09:05(月)

ご意見ありがとうございます。
社会において生き残る店もあれば衰退する店もあるのは世の常ですが、扱っているのが動物なだけに、その後が案じられます。

小生がこのようなブログを始めたのは、特定の店を貶めるためでも持ち上げるためでもなく、全ての店が繁栄してほしいが為なのです。
改めて欲しい部分を列挙して、より良い店作りに邁進してほしい。それに尽きます。

重ね重ね、今後を期待しております。

by いなみっくす at 2009-01-19 22:03(月)

昨日行きましたが、店員(おばちゃん)の態度もすごい感じ悪いですよね。

私も二度と行きません。

by S at 2009-02-08 14:01(日)

猫と客と店、の三者がそれぞれに満足できる店がいい店だ、と考えているのですが
同店においては三者ともが不幸であると言わざるを得ないと思います。

渋谷という立地が救いではありますが、早急に手を打った方がいいと思います。
店側が他者の意見に耳を傾ける意志があれば…と信じております。

by いなみっくす at 2009-02-09 06:14(月)

猫も客もスタッフに怒られまくっていました。

健康管理や事故防止の為だと思いますが、商売でやっている以上、もう少しお客さんへの注意の仕方に配慮すべきだと思いました。
すごい剣幕で店員に怒られているお客さんを見て他人ながら不憫に思いました。

やんちゃな猫にお仕置き部屋に入れるよ!と怒っている様も不快でした。
虐待等の心配はしていませんし、愛情を持って接している事と思いますが、お客さんの前だという自覚が店員さんにかけているのでは?と思いました。

店員さんのお子さんであろう子供がレジでDSをしている光景も出来れば隠して欲しかったなと思いました。

酷評になってしまいましたが、癒されるはずのネコカフェで初めて切ない気分で帰ってきたので書かずにはいられませんでした。
本当に、猫にも人にもいいお店になって欲しいなと願っています。

by 1 at 2009-05-31 02:48(日)

ご感想、ありがとうございます。

体験談を読ませていただいた限りでは、客も店も、そして猫たちもみんなが損をしているように思えてなりません。

都内には40件以上の猫カフェがあります。
渋谷から電車で数駅圏内に10件近くのライバル店があるのにも関わらず、競争とは無縁に己が道をひた進む勇気はある意味尊敬に値します。
ですが、最終的にしわ寄せが来るのは猫たちでしょう。
ユーザーの声に耳を傾け、改善してくれればいいなと思っています。

by いなみっくす at 2009-06-01 12:05(月)

この店の店員ババーは客商売不向き。はっきり言って不快。二度と行かないけど猫は可愛かった。客少ないせいなのか遊んでくれる。あの店員入れ替えるだけでもましになるはず。

by 通りすがり at 2010-03-25 15:58(木)

通りすがりさま

お気持ちお察しします。笑顔は接客の基本ですね。
ただ、猫たちはやっぱり可愛いですよ。すごくいい店とは言えないけどそれほど悪くない、というのが同店に対する小生の正直な感想です。

by いなみっくす at 2010-03-31 13:32(水)

こんにちは。
ハピ猫さんの記事を書くに当たり、
本記事と、次の記事のTBお願いしたわりに
うまくできませんで。。。アナログ人間orz

でも!!先程やっとできました!

すみませんでした。
ありがとうございました。

私もここの猫たち、可愛がられていると
思いましたよ。もっと良くなるといいですね。

by ai at 2010-12-02 17:27(木) / URL

aiさま

コメントありがとうございます。TB確認しました。小生もアナログ人間でして、TBのやり方には未だに戸惑います。

by いなみっくす at 2010-12-02 22:20(木)

、ウ、ホオュサ?リ、ホ・ウ・皈?ネ、??ッ

「ィオュニ?、ケ、、ネーネフ、ヒク?ォ、オ、、゙、ケ

Captcha
認証 
※上に表示されている文字を入力してください。
・ュ・罕?サ・? border=

、ウ、ホオュサ?リ、ホ・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッURL

、ウ、ホオュサ?リ、ホ・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

猫部活動報告〜渋谷・ハピ猫〜
JUGEMテーマ:にゃんこ 「しぶやーすきだー!なぅ」ウルサっごごごめんなさい。なにをどう遊ぶにも、とりあえず渋谷って時代を過したもんで。渋谷の中心で愛を叫んでしまいました。私にとっては「ここから」の街なのです。「ここから」ならどこへでも行ける。どこまででも行ける。そしてまた、ここへ帰ってくる。歩道橋からみどりの窓口なんか見下ろした日には「わたしは自由だっっ」とか元気になってしまう。自由で、気ままで、後腐れがなくて。猥雑で汚くてキラキラしてる。なんでも出来るような気がする。そんな大好きな
From: Cafe&Bar Albireo / Dec 2nd, 2010 17:18
<<チー、ホオュサ?/a>   1月の すべて表示 リスト   シ。、ホオュサ?gt;>

、ェオ、、ヒニ?、・・?ッ

イ盞、ホオュサ?/h3>

・ラ・・ユ・」。シ・?/h3>

チエケ?ホ・ヨ・・ャ。シ > 神奈川県、ホ・ヨ・・ャ。シ | ・ヨ・・ャ。シ・鬣?ュ・?ー